脂肪植物

コノフィタム-コノフィタム

コノフィタム-コノフィタム


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

特殊性


conophytum属は、アフリカ南部を起源とする数十種の小さな多肉植物を集めています。それらは非常に異なる種ですが、一般に、茎のない小さな多肉植物の葉のコロニーとして現れます。これらは密接に成長し、一種の枕を形成します。寸法は一般に非常に控えめで、数ミリメートルから数センチメートルです。のコロニー Conophytum 幅10〜20 cm、高さ7〜10 cmに達する可能性があります。葉は対になっており、非常に肉厚で、中心には小さな開口部があり、そこから一般的に花が咲き、新しい葉が発達し始めます。

開発




ほとんどの多肉植物とは異なり、私は Conophytum それらは、短い月の間に発達し、その後夏の終わりから冬の終わりの間に発達します。それらは非常に特殊な発達植物です。夏には、前年の葉がゆっくりと、そしてますます急速に乾く傾向があります。夏の終わりに2つの葉の間のスペースから、2つの新しい肉質の葉が発達し始め、それは非常に急速に成長する傾向があります。次の月には、葉の間に小さな芽が発生し始め、冬には白、オレンジ、黄色、またはピンクのデイジーのような花が咲きます。
真冬には、健全な分生子のコロニーがあり、適切な栽培条件では、色の花のクッションで構成されています。
開花後、葉はゆっくりと枯れ始め、夏に乾くまで新しい葉を作ります。新しい葉の栄養サイクルの開始時に、しばしばコロニーは側面に新しい葉のペアも生成し、コロニーを広げます。

それらを育てる方法




私たちが慣れ親しんでいる多肉植物とは異なり、コノフィタムは秋と冬にはほとんど水やりする必要がなく、春と夏には水やりする必要がありません。
夏の終わりに、新しい葉が発達し始めるとすぐに、土壌が十分に乾いたときにのみ散発的に植物に水をやり始めます。冬の終わりまで続き、夏の終わりまで植物を乾燥させます。
これらの植物は、土壌中の過剰な水を非常に恐れているため、非常によく排水された基層で栽培することに加えて、頻繁に水をまくのを避けることをお勧めします。
一般に、植物が水を必要とするとき、小さな葉はわずかに縮む傾向があります。
原産地では、植物は2〜10°Cの温度で植生します。したがって、受け取る湿度の量を制御できれば、屋外で栽培することもできます。最も一般的には、コノフィタムは、非常に明るい場所で、寒い温室で栽培されます。
特に季節が非常に暑いとき、春と夏の数ヶ月の間、彼らはおそらく直射日光にさらされないで、乾燥させられます。
頻繁に植え替えることは避けます。2〜3年ごとに十分です。植え替えは春の初めに行われますが、その際、葉のいくつかのペアを取り外して個々に成長させ、新しいコロニーを発生させることもできます。
栄養期間中であっても、過剰に受精することは避けます。多肉植物に特定の肥料を数回投与するだけで十分かもしれません。

生きている石


コノフィタムはしばしば生きた石と呼ばれます。多くの種はほとんど茶色で、軽い句読点と非常にコンパクトな展開を持ち、本物の小石を思い出すことができます。
多肉植物の他の多くの種は生きた石と呼ばれます。特に、リトプス、フリチア、フェネストラリアを覚えています。春と夏のほとんどの種で、それらの発達がコノフィタムと区別されるのに対して、寒い月にはこれらの植物は完全に栄養休息状態にあります。

コノフィタム-コノフィタム:植物カード


コノフィタム・ティシェリ
ハマミズナ科
起源:ナビビア、彼らは密集したクラスターを形成する石の間で成長します。
葉:奇妙な形をしており、濃く滑らかで、肉厚で丸みを帯びて、灰色から青緑色に成長します。融合した葉のペアは、ハート型になります。
花:夏に咲いて覗く、それらはオレンジピンク、紫、赤です。茎を囲む葉のペアの間に芽を出します。彼らは太陽で開き、夜中に再び閉じます。
葉:5月から7月までは古い葉の中に新しい葉が形成されます。この段階では、新しい葉の枯れを避けるために水やりが必要です。 12月に、植物が休眠状態になると、葉は紙の膜で覆われ、植物の体は枯れて開きます。
露出:多くの光を必要としますが、直射日光は必要ありません。
温度:冬の最低気温は13-15度を下回ってはいけません。
散水:7月下旬から10月上旬まで、土壌が乾燥したときに散水します。混合物は、室温が15度を超える場合にのみ入浴します。そうでない場合、3月末に目覚めを刺激するために1回の散水が行われます。
施肥:月に1回、液体肥料で7月から10月まで。
増殖:3月末から4月末にかけて、粗い砂と3分の1の粗い砂を混ぜた播種コンパウンドに播種し、15〜21度の温度で湿らせます。発芽後、それはより豊富に散水され、薄くなります。
土壌:排水性を高めるために、粗い砂と粗い砂の3分の1を混ぜた普遍的な土壌を好みます。
害虫:過剰な水は根の腐敗を引き起こし、すぐに介入しなければ植物全体に広がります。