マンション

フィカス・ベンジャミン

フィカス・ベンジャミン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

質問:フィカス・ベンジャミン


親愛なる友人、
今年、私は4月中にコチニールに対する治療のためにベニアミノをバルコニーに移しました。
残念なことに、特にバルコニーの外側にさらされている植物の最初から、急激な温度低下が多くの新しい芽を「燃やし」、多くの葉が落ちています。
現在、植物は新しい葉の発芽を再開していますが、いくつかの枝はまだ裸です。
どのような介入を勧めますか?
返信ありがとうございます。
ご挨拶
カロライナ州

質問:フィカス・ベンジャミン


親愛なるカロライナ、
エキスパートのアドレス帳からイチジクに関する質問についてお問い合わせいただきありがとうございます
フィカス属はモラシーのファミリーに属し、適切に成長する必要がある熱帯起源の緑の植物であり、それらの間の原産国の環境条件は、特に植物の最適のために間に維持しなければならない温度を際立たせます22および28°C
この点で、イチジクの異なる種の中で、異なる品種は低温で異なる許容度で区別されますが、その中でベンジャミナでは最低13-15°Cが推奨されますが、ダイバーシフォリアとプミラの品種は比較的耐性がありますその熱の最小値は7-10°Cに設定されています
特定のケースでは、落葉と末端枝への潜在的な損傷を確認したため、残りの活力が持続するかどうかを確認する必要があります。すべて乾燥しています。
最初のケースでは、潜在的な芽(二次予備芽)からの再生および発達の可能性は依然として損なわれません。
代わりに不可逆的な凍結が発生し、受け皿に水が存在すると(凍結根)、植物を回復できるという希望を放棄する方がよいでしょう。
植物が潜在的に活動している場合は、剪定に介入せずに数日待って(残留リンパ流を分散させないように)、地面を乾燥させてフェルトを除去することをお勧めします。植物の乾燥した部分を除去し、植え直し、悪い根を除去して植物の栄養成長を助ける製剤を適用します。
よろしく