園芸

太陽の色

太陽の色


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

太陽の色:太陽の色




今年は太陽があなたを欲しがるので、庭をその色で満たしてみませんか?
多くの顕花植物、一年生および多年生植物、無数の金色のつぼみのある庭やテラスは、7月と8月の最も美しい晴れた日であるこのような灰色と曇りの時期でも想起させます。中でも主な花はヒマワリで、黄色い色合いの大きな花冠があり、夏の間は花が咲き続けます。油が抽出されるヒマワリは、高さ2メートルの植物を印象づけますが、20から50cmの高さの庭の品種がたくさんあり、派手な花があり、どんな土壌でも簡単に成長し、あまり注意を払う必要はありません。ヒマワリに似た形をしているので、コレオプシスとヘリオプシスを見つけます。非常に小さな花が咲きますが、非常に多くの花が咲き、多年生で、今後数年間でも庭に見られます。
ボーダーとして広く使用されている最も「クラシック」な花の中で、また花瓶にも、オレンジや黄色のすべての色合いのまだらにされたマリーゴールドがあり、シンプルな花、ダブルまたはストラドッピオがあります。マリーゴールドの開花は最も豊富で、4月から5月に始まり、最初の寒いものまで行われます。これらの小さな植物は、多くの場合、自己種子になる傾向があります。
最も珍しい植物が好きなら、豊かで華やかな開花のアビチロンを選ぶことができます。それらは穏やかな地域で多年生です。寒い冬の寒い地域では自宅で入院しなければなりません;または、特に「猫のしっぽ」の花序でアマランスをまくことができます。
クリーパーが好きなら、庭にはすでにビグノニアがあり、夏にはオレンジ、黄色、赤の大きなトランペット形の花で覆われます。
太陽を喚起し、色付きの庭に決して欠けてはならない他の植物はキンレンカで、高さ15-20 cm、より高い、最大40-50 cm、または登山しているcan性品種を選択できますしがみつくようにすることができるパーゴラまたはネットの。
低木の中で、私はポテンティラを推奨します。これは、しばしば顕花植物ではほとんど考慮されませんが、長年、落葉性の美しいコンパクトで密な低木を発達させます。また、一般的に6月から7月に咲く地被植物として使用されるd性または忍び寄る品種もあります。



コメント:

  1. Taukinos

    読むのはとても面白かったです

  2. Aristid

    あなたにとって興味のあるテーマに関する膨大な情報を含むウェブサイトにアクセスすることをお勧めします。

  3. Case

    ブラボー、あなたの刑

  4. Duzuru

    テーマに関する大量の記事があなたを興味深いものにして、サイトにアクセスすることをお勧めします。



メッセージを書く