園芸

サラダ

サラダ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

サラダ


2月から夏の終わりまで、庭でカットサラダまたはサラダと呼ばれるものをsoくことができます。レタスからエンダイブまで、ラディッキオからカタロニアまで、さまざまな種類のサラダであり、小さな土地で15-20日ごとに収穫され、高さ5時に根元で葉を切ることで収穫されます。 10 cmまで。このようにして、繊細で歯ごたえのあるサラダを手に入れます。

このタイプのサラダは、すでに冬の終わりに播種することができます。厳しい冬の地域では、種をまくことができます。その後、地面を織った布で覆い、土を湿らせて寒すぎないようにし、夜霜の場合でも種子の発芽を促進します。
市場には、サラダの種を内部に組み込んだ不織布の小さな「マット」もあります。この種の種まきは菜園で行うことができますが、トレイにマットを置いて窓枠に置くこともでき、布を定期的に湿らせます。繊細で新鮮なサラダを毎日手に入れます。
葉物野菜のほとんどはサラダとして栽培できますが、カタロニアや大根などのように成長しすぎたものは皮が過度になります。異なるサラダの混合物を使用して、心地よい混合物を得ることができます。
葉が非常に小さいときに収穫するので、ほうれん草、ラディッキオ、スパドン、フダンソウなどの生のサラダでは一般に消費できないミスティアンツァの葉に追加することもできます。
特別なタッチを追加するために、代わりにロケット、ディル、チャイブ、クレソン、タラゴン、ミントなどの芳香性ハーブを少量追加できます。あるいは、白いラディッキオ、アロマのある白菜の種(白菜)、マスタード、またはマスタードですらあります。