さらに

シードトレイにまく

シードトレイにまく



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

シードトレイに播種します。




良好な排水を確保するために、主に泥炭とパーライトで構成される優れたロームでシードトレイを満たします。シードトレイが約aboutの深さまで満たされたら、土を押して、滑らかな表面を得ようとし、泥炭やフィラメントの塊を取り除きます。ふるいを使用して、1〜2 mmの土の層をふるいにかけ、良好な種苗床を作成します。その後、地球を再圧縮して、平らな表面を取得します。最適な結果が得られるまで、この操作を2〜3回繰り返します。折りたたまれた厚紙の助けを借りて、種子を置く場所で、トレイの表面全体を覆い、種子が落下するように厚紙を振って、均一な層を作成し、種子の蓄積を回避します。常にふるいで、種子の上に1〜2 mmの土の緑青を作成しますが、バーミキュライトまたは他の不活性物質を使用することもできます。基板を押して、ネブライザーを使用して、種を動かさないように洗浄します。特に発芽時や幼植物の発育の初期段階では、基層をわずかに湿らせておくことが重要です。そのため、土壌が完全に乾燥するのを避けて、霧化も毎日行います。