さらに

木材強化処理

木材強化処理



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

木材強化処理:



固化処理は、その堅さを回復し、長期にわたって保存するために、古代の木材で行われます。木構造が非常に損なわれている場合でも木構造を使用できるように、木管楽器によって生じた隙間を柔軟で頑丈な材料で埋めるという問題です。これらの隙間は、アセトン、ニトロ溶媒、または他の溶媒で希釈されたさまざまな種類の合成樹脂を使用して埋められます。最も迅速な方法は、樹脂と溶剤の溶液に製品を繰り返し浸漬することです。ただし、処理する木材のサイズのため、またはすべての木材が水に完全に浸漬できるとは限らないため、一般的にこれは不可能です。流体。次に、浸したブラシを使用して樹脂溶液を木材に広げ、樹脂ができるだけ深く浸透するようにします。いくつかの通路が行われ、それぞれの終わりに、木材の外面を柔らかい布できれいにし、樹脂の溶解に使用したのと同じ溶媒に浸して、製品の表面に落ちないようにします。乾燥させた後、操作を数回繰り返します。