ガーデン

日本のケリア-ケリア

日本のケリア-ケリア


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Generalitа


アジア原産のジャポニカ種のみがケリア属に属します。それは中型の低木で、高さは200-250 cmに達し、丸い形をしています。
ジャポニカの茎は細く、アーチ型で、枝分かれが少なく、各植物は多数の基底芽を生成しますが、これらは非常に急速に発達する傾向があります。
葉は落葉性で、サイズが小さく、深緑色です。葉には鋸歯状または鋸歯状のエッジがあります。
春には、3月から5月にかけて、小さな黄色いバラに似た5つの花びらを持つ無数の小さな黄金色の花が咲きます。
市場には多くの品種がありますが、最も普及しているのはK. jです。小さなポンポンに似た二重花のプレニフローラ;また、白い花や繊細な斑入りの​​葉を持つ品種もあります。
一般的に、春の開花は非常に豊富であり、夏の終わりに2回目の開花が続き、いくつかの芽が散ります。特にプレニフローラ品種の場合、過去の庭に広く植えられていた植物は、近年では単純な花の品種が特に普及していても、今では2番目の若者を楽しんでいるようです。

暴露



日本のケリーは、完全な影から完全な太陽まであらゆる露出を許容します。一般に、完全な日陰に置かれた植物は花がほとんど咲かない傾向がありますが、完全な太陽の下での標本の芽は短期間で、日光にさらされると白くなる傾向があります。
インクルード ケリア・ジャポニカ それは、開花が豊富で長続きし、植物の成長が非常に活発である部分的な日陰に明らかに適した低木です。
これらの植物は前年の枝に咲くので、春の開花後に剪定を行うことをお勧めします。

このジャポニカ種は、非常に深く豊かな、非常によく排水された中程度のテクスチャの土壌を好みます。水の停滞や非常に重くて貧しい土壌でこの植物を植えることは避けてください。乗算


秋に、または冬の終わりに、彼らは母植物の基部に形成される新しい茎を分離します。また、10〜15 cmの長さの挿し木を作り、夏に側枝からそれらを取り出し、保護を必要とせずにコールドボックスに植えることもできます。また、夏には、多くの困難を伴わずに短時間で定着するレイヤーを作成することもできます。

日本のケリア-ケリア:害虫と病気



日本のケリーにとって特に危険なのは、Cylindrosporium属のキノコです。これは、芽を攻撃し、葉の乾燥をもたらします。一番いいのは、先端と病気にかかった葉の両方を切ることです。これに加えて、Blumeriella感染症の現在の散発的な存在もあります。
昆虫の中で、毛虫は根を攻撃し、深刻な被害を引き起こす可能性があります。