また

ブドウの春の加工

ブドウの春の加工



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

春のブドウ病の予防のために、茂みの治療を行うことをお勧めします。 ブドウの春の加工 土壌だけでなく、特殊な化学物質の葉やつる植物を噴霧することで構成されています。

大雨のため、ブドウ園に強い湿気がある可能性があり、それがブドウの感染の原因です。 カビ..。したがって、そもそもブドウの茂みが必要です トレリスに縛り付ける葉やつる植物を地面から持ち上げます。乾燥した天候にはガーターをお勧めします。

ガーターの後、あなたはすべきです 土を噴霧する 茂みの下だけでなく、列の間。次に、土壌が必要です 根おおい 事前に緩めることなく。

土壌に噴霧するためにさまざまな手段を使用できます。

  • リドミル、

  • 鉄ビトリオール(3%)、

  • ボルドー液体溶液(1〜3%)、

  • Tsineb(0.3-0、%)。

使用する ボルドーリキッド この薬剤は高濃度で非常に毒性があるため、特別な注意が必要です。さらに、この液体は若い成長を阻害することができるため、最近ではあまり使用されていません。

今日 リドミル 最も人気のある治療法です。彼らは土と新芽と葉の両方を働かせることができます。それは病気の起こりうる発症から効果的に保護します。その利点は、雨季でも2週間ブドウを保護できることです。ここで 薬剤の毒性は非常に低いです.

腎臓の腫れの霜防止にも使用できます。その有効性は1週間以内に観察されます。

ブドウの春の加工も、真菌や細菌の病気と戦うために行われます。このために、人や動物に危険を及ぼさず、ブドウ園や他の植物にも無害な殺菌剤と生物殺菌剤が使用されています。


ビデオを見る: 食べまくり食べ放題園芸人がワイン用のブドウを狩りまくりました 知られざるぶどうの栽培方法や管理の仕方も教えます  japan garden grape (八月 2022).