また

医学におけるローズヒップの根の使用

医学におけるローズヒップの根の使用



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ローズヒップの果実と根は、その有益な特性のために医学で広く使用されています。ローズヒップの根は、さまざまな種類のウイルスや細菌から人体を保護するための予防と治療に使用されます。

ローズヒップの根は、腎臓、胆嚢、膀胱に形成される結石を溶解するために使用されます。これは、胆汁分泌促進剤、収斂剤、抗菌剤として機能するためです。

ローズヒップの根には、体の免疫力を高め、健康を改善するのに役立つ大量のビタミン、微量元素、タンニン、および生物学的に活性な物質が含まれています。ただし、薬用目的でのローズヒップの根の使用は無秩序であってはなりません。必要な投与量は、植物療法士と合意する必要があります。

ローズヒップの根の煎じ薬の準備

ローズヒップの根の煎じ薬は、腎臓、胆汁、膀胱に結石を形成し、肝臓病やその他の病気を伴う、高圧で使用されます。自宅で作ることができます。これを行うには、60 gの乾燥ローズヒップの根に2杯の沸騰したお湯を注ぎ、弱火で15分間沸騰させます。次に、ローズヒップの根の煎じ薬を5〜7時間注入し、60 mlを1日2回、食事の20分前に濾して服用します。ブロスは、下肢の不全麻痺および麻痺の治療において、浴の形で外部に適用することができます。


ビデオを見る: 知らずにみんなが飲んでるガンになるお茶 (八月 2022).