また

いちご農業技術

いちご農業技術



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

一見、イチゴを育てる農業技術は非常に骨の折れる作業のように思えるかもしれませんが、実際には、香りのよいジューシーなベリーを手に入れるために特別な努力は必要ありません。

雪が溶けて土が少し乾いたらすぐに、イチゴの種まき、除草、土のほぐしのためのベッドの計算を始める価値があります。シーズン中は、イチゴの除草が少なくとも10回(収穫前に4回、収穫後に6回)必要であるとの意見がありますが、必ずしもそうできるとは限りませんが、特に必要というわけではありません。

冬の後に尾根を取り除いた後、除草を行い、雨が降った後は敷地を緩める価値があります。雨が少ない場合は、自分で水やりを考えてみてください。また、土を与えることを忘れないでください、それは適切に行われるべきです。

イチゴの開花期、特に果実の結束期には、一定期間除草をやめるべきです。ベリーが熟している間、庭のベッドはすでに雑草でかなり生い茂っています。それに関連して、収穫後、イチゴは「カット」されるか、またはそれがまた収穫と呼ばれるべきです。

収穫は収穫後、7月中旬頃に始まります。雑草を根こそぎにし、すでに実をつけているイチゴの花の茎をすべて切り取り、古いぼろぼろの葉を取り除き、ひげを取り除きます。いくつかの口ひげがすでに若い茂みを形成し始めている場合、それらは新しい場所に移植されるべきです。

掃除をした後、やるべきことはほとんどありません。もう少し除草を行い、口ひげを取り除き、植物に水をやります。イチゴの茂みは、年を経て小さな作物を生産するため、3年ごとに交換する必要があります。


ビデオを見る: いちごの脇芽を取るコツとベストな芽数の考え方 (八月 2022).